クリニック様の業務用エアコンクリーニング

日立製の天吊り1方向エアコンのクリーニング

かなり古いエアコンでした。ここ数年間で一度も作業したことのないエアコンでした。日立の1方向のエアコンはもう少し新しいタイプはよくありますが、このタイプはあまりみません。

日立エアコン天吊り1方向タイプ

型式です。

画像の説明
RRC-125 おそらく20年以上前のものです。

こちらのエアコンの特徴は三菱セゾンの古いタイプと同じく、ファンカバーの上の部分がビスで止まっているところです。これがとりにくい。通常のドライバーではとれません。

ですので、ファンのついている板をそのまま取るようにすると、作業か楽になります。

分解したファンモーター

こちらは正確には2台の内の小さいほうです。4つの4ミリビスで止まっているだけですので、すぐに取れます。

これが取り外した状態です。

分解完了

後ろの基盤等はそのままでの作業です。これくらい古いとはっきり言って基盤を取り外す作業は怖いですね。これが4方向の天カセですべて取り外すタイプでしたら、作業しなかったかもしれません。基本的にファンモーターのハーネスを1つ外すだけで作業できましたので、作業しましたが、果たして作業してよかったかどうかはわかりません。

というのも、実は他の部屋にあったエアコンは日立の新しい1方向タイプでした。おそらくこのエアコンの1台が壊れて新型に変わったのでしょう。つまり、本当にいつ壊れてもおかしくないエアコンでした。

作業後、エアコンは不具合なく動作して動きました。においが気になるとのことでしたが、においもかなりなくなったと思います。ただこれくらい古い機種のエアコンは熱交換器もかなり分厚いので、完全にすべてを取りきるのは難しいかもしれませんね。

何もなくてよかったです。

コメント


認証コード2181

コメントは管理者の承認後に表示されます。