川崎市高津区の工場の業務用エアコンクリーニング

高津区の工場の業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

なんせ、近い!近いって素晴らしい。心からそう思いました。到着まで5分です。精密機器工場のエアコンで毎年A3エラーで止まるそうです。今まではメーカーに頼んでいたけど、今回は弊社に依頼いただきました。

天カセエアコン自動昇降

自動昇降タイプです。4mもないのですから、普通のでいいんじゃないかと思いました。

ドレンポンプ

ドレンポンプ分解1

ドレンポンプ分解2

ドレンポンプも分解してみましたが、かなり汚れていましたが、これで毎年エラーになるのかちょっと不思議でした。もちろん、こちらの部分もきちんと洗浄しました。フロートの導通も確認しましたが、正常でした。どうしてこれで毎年エラーがでるのか本当に不思議です。

マルチエアコン

4台のエアコンが2台マルチでした。1台おきに設置してあり、エラーで2台止まってもなんとか残りの2台で工場全体が少しは涼しくなる環境でした。

洗浄準備完了

洗浄してみると、見た目よりもかなり汚れてはいました。ミストのようなものが空中を舞うという事で、汚水はドロドロでした。でも、ドレンパンの水もそんなによごれていたわけではないし、これで毎年エラーが出るなら、日本全国の焼肉屋さんでは必ず毎年エラーが出ないといけないという事になります。

メーカーも毎年クリーニング、ポンプフロート、基盤を交換しての対応という事でした。

今回はクリーニングのみの対応で、エラーが出なければ良いのですが。。。。現在のところは大丈夫です。

一つ気になる事があります。それは風の出を2箇所塞いでいる事です。通常はそういう部分はダクトで違う場所に冷風を持っていくのですが、単に精密機械に風があたるとよくないという理由で塞いでいたそうです。

要するに2方向タイプのエアコンという事になります。2方向のエアコンにプロペラファンでの対応だと、あまりよくないのではないかと私は思います。

実際、これも単に偶然とは思いますが、三菱の2方向エアコン、プロペラファンタイプにドレンエラーがよく出る事例があります。

2方向ですから、フォンはシロッコのほうが効率的ですし、変な風の動きがないから、安定するのではないでしょうか?あくまでも仮定ですが。

ですから社長さんには、風を4方向出して、ウイングをつけてしのいでみたらどうか?と提案してみました。

業務用エアコンクリーニングはぜひ、アスターへお任せください!

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード7869

コメントは管理者の承認後に表示されます。