千葉県市川市の業務用エアコンクリーニング

千葉県の市川市にある学習塾様の業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

東芝天カセエアコン

事前に頂いた写真ではこちらのタイプのエアコンでした。しかし実際にお伺いしたところ、3台のうち2台はこちらのサンヨー製のエアコンでした。

サンヨー天カセエアコン

お客様にとっては、そんなに違いがわからないかもしれません。こういうことはたまにあります。よく見るとかなり古いタイプのエアコンです。こちらは学習塾様の自習室の中に2台ありました。この真夏に万が一にもエアコンが止まっては大変なので、それをご説明して東芝の一台だけの作業とさせて頂きました。

リモコン

リモコンが2台です。これに対してブレーカーも二つありました。

ブレーカー

上の小さな15Aのほうにサンヨーと書いてあります。動力のブレーカーです。こちらを落とすと、サンヨーのリモコンが落ちました。

一番下の75Aのブレーカーに東芝と書いてありました。そちらを落とすと東芝のリモコンが落ちました。

ですが実際に考えて、サンヨーの2台マルチが15Aとは考えられません。不思議ですね。

ともかくサンヨーが故障してはいけないので、そちらを運転しながら東芝のエアコンのブレーカーを落として作業しようとしたところ、サンヨーのエアコンのリモコンにエラーが出ました。

まさか一回ブレーカーを落としたことが原因かなとも思いましたが、その可能性はまずないと思い、やはりこのブレーカーからの電源の取り方が原因ではないかと思うようになりました。

下のブレーカーからも電源を取っているのだと思います。もしかしたらリモコンが上で室外機は下のブレーカーだったのかもしれません。

しかしそれでも焦りました。学習塾様で38度の真夏にエアコンが止まっては大変です。

東芝の作業を一旦やめて、ブレーカーを戻したところ、サンヨーのエラーが消えました。こういうことがあるので、やはり、事前にブレーカーを一度入れ直してもう一度テストを行うことは大切な事だと思いました。

一応安心したので、東芝のエアコンの作業に入りました。

東芝エアコン基盤

東芝エアコン基盤

上の二つの写真をみて、なにか変だなと思ったらすごいです。これは配線が間違って入っています。まあ、運転には関係ありませんが、それでも正規のところに入れておくのがプロだと思います。

東芝エアコンの配線の状態

こちらが正常な状態です。つまりこのモーターとドレンポンプの配線は、基盤の下の部分を通して、右側に出なければならないのです。慣れていない業者ですと、こういう事は良くあります。

作業は不具合なく終了しました。

洗浄をご依頼頂いた理由が、前の業者の作業の後、すぐに匂いが出てきたからという事でした。慣れない業者が業務用エアコンクリーニングを行うと、いろいろな不具合が出てきます。

できれば、なれた業者に依頼される事をお勧めします。弊社でなくても構いません。

作業は不具合なく終了しました。しかしサンヨーのエラーが出た時はビビりました。何もなくて本当に良かった。

なれている業務用エアコンクリーニング業者であれば、1台、基本的に1時間もかからずに作業は終了します。ただ何かあったら困るので、作業時間を聞かれた時はおおよそ2時間かかりますと事前にお伝えする事が多いです。

実際には1時間です。

慣れている人間は作業が早いです。時間がかかるのは丁寧なのではなく、慣れていない証拠だと思います。弊社はちょうど1時間で終了しました。

業務用エアコンクリーニングは是非、弊社にお任せください!

コメント

  • むむ

    画像でわかるわかるとなりました。
    ひどい業者は本当に開いた口が塞がりません( ´;゚;∀;゚;)一緒に仕事に入りましたが匂いもとれるわけがないぐらい洗ってませんでした



認証コード3731

コメントは管理者の承認後に表示されます。