渋谷区のレストラン様の業務用エアコンクリーニング

渋谷区の改装中のレストラン様の業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

マルチタイプのエアコンでしたが、1台は普通の天カセ、もう一台はワンダフルでした。この組み合わせを見るのは初めてでした。

天カセ

ダイキンエアコン

取り外した部品

洗浄後の熱交換器

内部洗浄後

かなり油汚れがあり、作業が大変でした。しかもこの日は本当に寒い1日でした。外で部品を洗うときに、とても寒く辛かったです。

こちらのエアコンは、問題なく終了したのですが、もう一台のワンダフルがプラスチックのファンのタイプでやはりファンが外れませんでした。

油の汚れがあったので、ファンをつけたままの清掃を行いました。ファンを外側から養生して、慎重に高圧洗浄をかけました。本当に大変だったのでこちらの写真はありません。

ファンの外れないワンダフルは、ファンの隙間からモーターごと外す事ができます。前は全てそれで取り外していたのですが、最近はその機種に限って、全く汚れていないというケースが連続して、「これなら洗浄する必要がないかもしれないですよ。」とお客様にご納得いただいて帰ってくるケースが多かったです。

また、ファンは天井との隙間を養生シートで巻き込めば、基本的にモーターには絶対に水が行く事はありませんので、ファンがついたままの洗浄も可能だとは思います。

本来であれば取り外したほうが良いのですが、モーターの配線をかなり強い力で引っ張るため、古いとエラーがでる可能性があります。実際に出た事は一度もありません。しかし、エラーがでた場合は、モーターとファンを両方とも交換しなければなりません。

それよりもファンを取り付けたままの洗浄のほうが、問題がない気もします。ケースバイケースだと思います。ちなみに、新しいワンダフルはなんの問題もなくファンが外せます。

2台マルチが違うタイプの室内機という結構珍しい現場様でしたが、作業は不具合なく終了しました。また熱交換器が油などでべったりと汚れていて、もう風があまり通らない状態でしたので、作業後は非常に暖房の効きがよくなりました。よかったです。

業務用エアコンクリーニングはぜひ、アスターへお任せください。

コメント


認証コード5286

コメントは管理者の承認後に表示されます。