ボルダリングジムの業務用エアコンクリーニング

新宿区のボルダリング、クライングジムの業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

ほとんど風が出ていない状態で、エアコンが効いていない現場様でした。

ボルダリングジム、クライングジムの様の業務用エアコンは滑り止めの粉が舞い、エアコンの中がホコリだらけです。

ダイキンエアコン

ホコリだらけのエアコン

熱交換器が完全に詰まっています

こうなっては、もう熱交換器が完全に詰まっていて、風が通り抜けすることができません。これではほとんど動いていないのと同じです。

まずボルダリングジムは、クッションの上にエアコンがあります。ですので、大きな板を用意していかないと、非常に安定感がなくて危ないです。

まあ、脚立から落ちても、クッションがあるので安全といえば安全ですけどね。。

何年か前に、ジムのお客様が丁度エアコンクリーニングをやっている方だったので、その方にお願いしたと言っていました。

おそらくあまり慣れていない業者だったとおもいます。

中を開けてモーターのコネクターを外そうとしましたが、どうしても抜けません。

壊れた基板

モーターのコネクターの爪が折れています。一体どうやって折ったのかが不思議な状態です。これではもうコネクターが抜けません。

どうしようかなとおもいましたが、基盤を外して外側に持っていって、ファンのコネクターから外しました。ファンモーターにもコネクターがついていたので、なんとかなりました。

また、ドレンポンプを外そうとして、びっくりしました。

ドレンポンプの破損

爪が破れている状態

ドレンポンプのキャップを外そうとして、爪が折れたのでしょう。しかし、これ、テープで止めた状態でなんとか機能するとはおもいませんでした。よく、もれなかったものです。テープも取れかかっていたくらいです。

運よく、故障で交換した別のドレンポンプを持っていたので、キャップを交換しました。これで安心ですね。

洗浄準備完了

ボルダリングジムのエアコンクリーニングをすると、身体中ホコリだらけになります。洋服も真っ白になってしまいました。

作業後は、風の出もよくなり、やっと冷えるようになりました。これでジムのお客様も暑くなくてすみますね。

しかし、業務用エアコンクリーニングというのは、作業した部分が完全に隠れてしまいます。慣れていない業者に作業を依頼すると、こういう風にエアコンを壊されてしまいます。

実はこれは珍しいことではありません。本当によくあります。

プロに作業を頼まないと、エアコンを破損させられてしまいます。

私の思うプロとは、外からエアコンを見ただけで全ての配線が頭の中に入っている作業員のことです。

中を開けながら、配線を調べているようでは、プロとはいえません。

皆様業者選びは本当に慎重にされることをお勧めします。

今年だけでも、作業したエアコンの現場で5件以上、エアコンが破損している現場に遭遇しています。

慣れているか慣れていないか、その一番の判断は、作業時間です。

2人作業であれば、ほとんどのエアコンは(飲食店で油まみれでない限り)、1台1時間強で終わります。

壊れているエアコンの前の業者は、聞いてみると大体、1台3時間くらいかかっていたと、お客様は言っています。

そんなもんですね。

業務用エアコンクリーニングの業者選びのポイントは、やはりなんと言っても自社のHPをきちんと持っている所にお願いすることをお勧めします。

弊社でなくてもいいんです。プロの作業員に依頼していただきたいと思います。

コメント


認証コード5366

コメントは管理者の承認後に表示されます。