松戸市の動物病院の業務用エアコン洗浄

動物病院の作業ブログです。

動物病院様にはだいたい駐車場が目の前にありますので、まずこれが助かります。今回の現場様も目の前に5台分くらいの駐車場がありました。雨の日でしたので、非常に助かりました。

エアコンはダイキンの正方形タイプの新しいものでした。過去に1度洗浄をしているようです。

熱交換器の汚れ

熱交換器の汚れ

汚水

洗浄準備完了

3年ぶりくらいとのことでした、非常に汚れておりました。ドレンポンプのインシロックが製造時と同じでしたので、前回はドレンポンプは外していなかったのでしょう。ドレンポンプを外すか外さないかで外側の洗浄を強くできるかどうかが変わってくることがあります。外しがほうが良いに決まっています。

業者により外さない業者もいます。それでもお客様はきっと何もわからないでしょう。弊社は必ず分解できるところはすべて外します。

また、洗浄に関しても今回はバケツ7杯分の汚水をとりました。これができるのは高圧洗浄機が優れているからです。1杯とるのに、2分くらいですので、大量の汚水をとり、最後に透明の水にすることができるのです。

洗浄機によっては、バケツ1杯とるのに4〜5分くらいかかるものもあります。水の量が少ないのです。別にそれがダメでもなんでもないですが、なかなかそうすると6〜7杯の汚水をとることは難しいです。

ただ、別にそんなにたくさん取ることで何がどれだけ違うのかと言われたら、確かにあまり意味がないかもしれません。でも最後の最後に透明な汚水を出すことで、お客様に納得してもらいたいというこちらの自己満足なのかもしれません。

洗剤も動物病院様でしたので、自然分解100%のプラニソールMを使用いたしました。自信を持っておすすめできる洗剤です。現在幾つかの大手FC様ともお話が進んでおりますし、また洗剤卸の業者様とも取引が開始されました。今後は多くの場面でプラニソールMが活躍していくと思います。この商品を広めることは、弊社の使命であると考えています。

よろしくお願いいたします。

業務用エアコンクリーニングはぜひ、アスターへお任せください!

コメント


認証コード8333

コメントは管理者の承認後に表示されます。