作業後、室内機に電源がこない事例

ダイキンの天カセエアコン、ワイヤレスリモコンのエアコンクリーニングの現場紹介です。

洗浄中

リピートのお客様でした。前回からちょうど5年くらいです。

その時に、もしかしたら、次の清掃はおおよそ5年後くらいで良いと思いますとお伝えしていたようです。

きちんと覚えておいて頂いて感謝です。

普通の天カセですので、別に特別大変なことはなく、通常と同じように作業は終了しました。

ブレーカーを入れたところ、室内機のLEDが来ていません。テスターで測っても、室内機に電源が来ていないようです。

ブレーカーの2次側は来ています。

Fケーブルが途中で切れたとは思ません。室内機のすぐ横までキャンパステープで巻かれていますので、若干のショックでFケーブルが切れるとは考えられないです。

リモコンの配線の場合、ネズミがかじっていて、かなり接触が悪くなっていたというケースはあります。

室内機の基盤が水に濡れていたり、漏電したとも思ませんので、室内機の基盤の故障は考えられません。そもそもそこまで電圧が来ていませんので、基盤の問題ではないと思われました。

結論から言うと、室外機の電源用の基盤のヒューズが切れていました。こちらのヒューズを交換してブレーカーを入れたところ、正常に戻りました。

しかし、室外機のヒューズの故障の原因はなんなのでしょうか?

いくつか理由は考えられますが、ともかく室内機側の問題ではなさそうです。

そうすると、それって清掃業者の問題なのでしょうか?難しいですね。

もしも、ブレーカーを落として一度チェックのため入れ直した時、このような状態になったら、その時一体誰の責任になるのでしょうか?

やはり清掃業者の責任なのか?

では、そのブレーカーをお客様の指で落としてもらったり、入れてもらったとしたら、誰の責任になるのか?

今回はヒューズの問題でしたが、万が一にももしも基盤そのものがなんらかの異常があったら、その交換費用は誰が出すのでしょうか?難しいところです。

「すみませんが、こちらがエアコンのブレーカーですので、お客様の方でこちらを落としていただけますか?」と徹底した方がいいのでしょうか?

いや、それでももし、何かあった時に「うちは関係ありませんので、お客様の方で処理してください。」と言って帰れるものなのでしょうか?

色々と考えさせられるところがありました。

エアコンそのものは正常に動きましたので、業務にも影響がなくよかったと思います。

ご商売の現場は、やはりこう言う事があると緊張しますね。

コメント


認証コード0754

コメントは管理者の承認後に表示されます。