横浜市の歯科医院様の業務用エアコンクリーニング

歯科医院様の業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

ダイキンエアコン

初めての作業ということです。

パネルを取った瞬間、水が垂れてきました。

ドレンパンから水漏れ

なんとドレンパンを通貫してビス穴のようなものがありました。
しかも1箇所ではなく、2〜3箇所です。

2台ありましたが両方ともそういう状態でした。なんで?

汚れもかなりひどい状態でした。こういう状態だと夏にエラーが出ることもよくありますが、一度もないということ。これはもうやはり運が左右する部分があると思います。

いい機械に当たったのでしょう。

熱交換器の汚れ

ドレンパンの汚れ

まあドロっとした感じではなかったので、エラーが出なかったのかもしれません。

ドレンパンの穴を塞ごうとしたら、先生が

「任せなさい!」とのことで、歯を治療する時に使う、名前は分かりませんが、銀歯を入れる前に仮に押さえておく白い接着のものを穴に入れてくれました。これは完璧ですね!

シリコンを入れようかなと思ったのですが、この方がいいです。

あと、例の赤外線を当てる接着も持っていたのですが、先生にお任せすることにしました。

ルーパーの汚れ

ルーパーも汚れていました。

作業後は不具合もなく、かなりきれいになりご満足いただきました。

私はよくクリニック様の現場を担当します。

その際、看護婦さんがみんなで休み時間にワイワイ楽しくしていらっしゃるところは、大体、大繁盛してますね。

業者にも、「よろしくお願いしま〜す。」って笑顔で言ってくれました。

こういうことは、やはり先生の人柄が影響していると思います。

本当、こういうところで自分の治療したいなあと思いました。

しかし、なぜドレンパンに穴が空いていたのか?

これは謎ですね。

コメント


認証コード1026

コメントは管理者の承認後に表示されます。