耳鼻咽喉科様の業務用エアコンクリーニング

三菱セゾンのフィルター自動昇降タイプの天カセエアコンの現場紹介です。

こちらは毎年、ご注文いただいているお客様です。

毎年作業してもこんなに汚れるのです。昔はエラーが出てメーカーを呼んでいたそうですが、クリーニングを定期的にするようになってからは、エラーが出なくなったようです。

洗浄準備完了

汚水

クリニック様で毎年作業させていただいている状態で、この汚れです。熱交換器の表、裏、両方とも汚れているので、洗浄ももちろん表と裏からしました。

結局このあともう3杯、合計6杯の汚水をとってようやく作業完了となりました。

セゾンの正方形の新しいタイプですが、ほぼ見ることのない機種です。分解そのものはものすごく簡単です。

クリニック様の中で、やはり耳鼻咽喉科様は一番エアコンが汚れると思います。エラーが一番出るのも、耳鼻咽喉科様ではないかと思います。

しかし、自動昇降はめんどくさいですね。

実はこちらは2台あるのですが、1台のエアコンでいつもトラブルが発生します。ブレーカーを入れてもなかなか電源が上がってこないのです。上がってきてから、また切れてしまいます。おそらくコネクターの接触部分だと思うのですが、いつも苦労します。基板そのものが原因ではないと思うので、交換の必要はないとは思うのですが、自動昇降で電源が来ないと、そもそもフィルターが降りてきません。

ですので、調べるためには、ともかく電源がきてフィルターを下さなければならないのですが、それができない。

いつも無理して少し引っ張って隙間からフィルターパネルを外して基盤を調査します。

今回は、事前に何度も確認してブレーカーを入れたところ、3年ぶりくらいに異常が出ないで作業完了となりました。

よかったです。

業務用エアコンクリーニングは、ぜひアスターへお任せ下さい。

コメント


認証コード0860

コメントは管理者の承認後に表示されます。