FHYCP56H ダイキンエアコンのUAエラーの事例

世田谷区のパソコン教室のダイキンのエアコンクリーニングの現場紹介です。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

室内機2台、リモコン1台の普通の天カセエアコンです。なんの問題もないと思い、作業しましたが、エラーが出ました。

まず、1台目を分解。最近は電源はコネクターから外すのですが、この一つ古い天カセのリモコンのコネクターは、アースも入っているしコネクターで外すのも配線で外すのもそんなに変わらないと思い、配線で外しました。N白P黒です。(どっちでもいいのですが)

白の配線を外したところ、少し奥に入っている感じで、ビニールの部分がかなり入っていました。その部分もかなり圧縮された感じなので、これでは配線を認識しないのではないだろうか?と少し心配になりましたが、普通に動いていたので気にすることなく作業しました。

リモコンの配線を入れるときは、あまり奥に入れず、きちんと銅線の部分を接続して1台目を終了。親機の終了で2台目に入りました。

ところが2台目の基盤を開けてみてびっくり。配線が2本入っているのです。配線が渡っていたのです。ダイキンのエアコンでは室内機2台、リモコン1台なら、リモコンの配線は一つで良いはずです。過去に一台も見たことがありません。

でも、こんなこともあるのかなと思って、それほど不思議には思わずに作業しました。東芝などでは当たり前だからです。

2台目を終了してブレーカーを上げ、リモコンを押した瞬間にUAのエラーが出ました。焦りました。しかし何も悪いことをした記憶がありません。

調べてみると室内基盤設定異常という感じです。

ともかく、リモコンが渡っていたのが不思議でしょうがなかったので、多分それが原因だと思いました。そういえば、1台目の白の配線はビニールの部分がかなりコネクターに入っていて、これではもしかしたら銅線の部分が認識されず、リモコンの電源がこないのではないかと思ったのですが、「多分、このリモコンは認識されていなかったのだ。それでエラーが出なかったのに、自分がキチンと配線をつないだためにエラーが出たのではないか?」と思い、1台目のリモコンの配線を外してみました。

これにより、エラーは消えました。やはり1台目の配線のリモコンは認識されていない状態が正常だったのです。

しかし不思議で仕方ありません。なぜ こんなことがあるのでしょうか?

まず、設置業者が配線を渡らせたことは間違いありません。その時点でおそらくエラーは出たと思います。いろいろ試す中で、配線を奥に入れたときに、運良く白の配線が認識されなくなり、エラーが消えたのだと思います。

一度、清掃業者が入ったとのことですので、その業者はコネクターから外したのかもしれません。配線から外したとしたら、そこでエラーが出て、また奥に配線を入れて接続して、運良く認識されないことでエラーが消えたのかもしれません。

ともかく、エラーは消えてよかったのですが、意味がわかりませんでした。また、他のメーカーのリモコンの配線は渡るけど、ダイキンは渡らないという知識がなければ、おそらくエラーを消すことはできなかったと思います。

最初の時点でおかしいなという気持ちがあったため、それを改善したらエラーが消えたという事例でした。

よかった、よかった。

ダイキンエアコンクリーニングは是非、アスターへお任せください!

コメント


認証コード0614

コメントは管理者の承認後に表示されます。