中野区の店舗様の業務用エアコンクリーニング

中野区の店舗様の業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

一つ前のダイキンの天カセエアコンでした。

壁をあとから作ってしまったようで、エアコンとの隙間が30センチありませんでした。

最初の状態ではフィルターが縦に開くようになっていて、フィルターパネルを取る事ができません。

短いドライバーでなんとかかんとか基盤のふたを開けて、ルーパーのコネクターと取り、パネルを取る事が出来ました。

この作業に10分以上かかってしまいました。

画像の説明

画像の説明

10年間、一度も掃除をした事がない状態でしたので、内部はかなり汚れておりました。

画像の説明

画像の説明

熱交換器を完全に塞いでいます。これでは風が出てこないです。

洗浄後は、風の勢いがかなり良くなりました。

2台ありましたが、もう一台は普通の状態でしたので、5分くらいで分解出来ました。

設置状況によって、こんなに作業時間が違うのかと思いました。

1台目のエアコンのフィルターパネルを作業後は、横に開くように変えておきました。

この方が、フィルターを取り出しやすいからです。

それでもパネルを取り付けるとき、最初からフィルターパネルもセットしておかないと、ダメでした。設置後では、斜めの角度が足りなくて、フィルターパネルを取るつける事が出来ませんでした。

作業後は不具合もなく、終了しました。

この縦型の基盤のダイキンエアコンは、本当に怖いです。

過去に伝送エラーが出た事があるからです。

原因を調べると、なにかブレーカーを入れてから30分くらいは室内機と室外機が設定をしているので、それが終了するまではエラーがでるみたいな事でしたが、いつもすぐに運転させても別にエラーはでません。

過去に1度だけそういう現場に遭遇したのですが、そのトラウマが今も蘇ります。今回もエラーは出ませんでした。

本当に良かったです。

業務用エアコンクリーニングはぜひ、弊社にお任せください!

コメント


認証コード0081

コメントは管理者の承認後に表示されます。