日立天カセエアコン、01エラーの業務用エアコンクリーニング

日立の天カセエアコンの01のドレンエラーで止まっている業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

こちらの現場も毎年のようにエラーが出て困っている現場様です。

日立エアコン エラー01

まあ、歯科技工室様で、しかもかなりたくさんの方が同時に作業されている部屋ですので、粉塵の舞い方が普通ではないのかもしれません。分解した所、ドレンポンプの汚れが原因のようです。

ドレンポンプの汚れ

つまりの状態

ドレンポンプ分解完了

清掃作業終了状態

ほぼ毎年、汚れによりエラーで止まるそうです。しかも、ひどいことに作業後、1月しか経っていないのに、またエラーが出ることもあるそうです。ちなみに、その時の業者は、弊社ではありません。笑

所で、こちらの3枚目の写真にはおかしな所があります。わかりますか?わかったあなたは素晴らしい方です。ちなみに、このエアコンを清掃するのは、弊社では初めてです。

答えは最後に。。。。

歯科技工室様などの場合は、やはりフィルターだけではなく、間に特別なエアフィルターを入れたほうが良いと思います。

エフコ60

弊社が使用しているものです。値段も手頃ですし、4ミリ、8ミリがありますので、場所により使い分けることもできます。

競馬場の厩舎様などでは8ミリのものが良いと思います。それでも内部の熱交換器は完全に目詰まりはしてしまいますが。。。

こちらの現場様にも、このフィルターをおつけして終了となりました。

机の上には作業中の状態の商品がたくさんあり、非常に気を使いながらの作業となりました。なんで、机の真上にばかりエアコンがあるのだろうか?まあ、だいたいエアコンは真ん中にあるのですから、仕方ないですね。

パチンコ屋さんや、コンビニもだいたい棚の上にちょうどありますし、コンビニに比べれば作業は楽です。

しかし、エラーが毎年出たのでは、本当に大変だと思います。もう格好は悪いですが、ドレンのふたをとって、それぞれ連結させて自然落下の形で塩ビの配管をつけたほうが良いのではないかとも思います。

実際、毎年エラーがでるラーメン屋さんのエアコンをこの状態にしたことがあります。

なんだか、昔のエアコンに比べて新しいほうがドレンエラーが出やすい気がします。それぞれの部品をコンパクトにしたのか、もしかしたらドレンポンプの性能がすこし落ちているのかもしれませんね。

さて、途中のドレンポンプを分解した写真、何が変かというと、パッキンがないのです。自分自身は一瞬気がつきませんでしたが、なんと床に落ちていました。取り外した一瞬で落ちたのか?

きちんと入っていなかったのか?理由はわかりませんが、組み立て完了してから気がついたら、また一から分解しなければならなくて大変でした。

このパッキンも非常用に在庫はありますが、まさか取り外した時に気がつかず外れていたとは思いませんでした。そのままだったら、またすぐエラーが出たと思います。

こういうミスもあるんですねえ。いつまでたっても、毎日が勉強です。

業務用エアコンクリーニングはぜひ、アスターへお任せください!

コメント


認証コード2795

コメントは管理者の承認後に表示されます。