武蔵野市の現状復帰の業務用エアコンクリーニング

現状復帰の業務用エアコンクリーニングの現場紹介です。

何度もご注文頂いている、管理会社様からのご注文です。

ダイキンの天カセ1方向エアコンです。

2種類ありました。一つは通常の形ですが、もう一つは一番新しい1方向エアコンでした。

ダイキン天カセ1方向

ファン洗浄の比較

部品洗浄

ベランダがある作業は非常に楽です。これがないと、作業時間がかなり変わってきます。

ダイキン天カセ1方向新型

これが一番新しいダイキンの天カセ1方向エアコンです。
実はこのエアコンの分解はめんどくさいです。

ダイキンは全部新しくなってから、分解が大変になってきています。取り外すビスの数や、配線なども難しくなっています。

このエアコンもファンカバーの上の部分がビス止めになっております。ダイキンでビス止めは今まで一度も見た事がありませんでした。初めてです。

今まではモーターを外さない形が1方向でやっておりましたが、こちらのエアコンはモーターを外さないと洗浄できません。そんなに大変ではないのですが、ともかく上のファンのビスを外すのが余計です。

また、熱交換器を洗浄するときのすきまがすこし狭くて、これも大変ですね。一つ前のが楽でよかったかな〜。笑 まあこれからはこちらが主流になると思いますので、覚悟して頑張るしかないですね。

ただ、この機種は基盤が後ろではなく横に付いています。ですから、その部分を養生すればすみますので、そこは楽ですね。

養生作業

パネル

両端のパネルのカバーを外すのに、かなり力がいる事があります。横にずらすというよりも、手でバンっと叩いてずらすようにしたほうが良いと思います。そうすればすぐに取れます。

業務用エアコンクリーニングはぜひ、アスターへお任せください!

コメント


認証コード9850

コメントは管理者の承認後に表示されます。