ダイキン天カセ FHXFP71MB 業務用エアコン清掃

ダイキンのFXYFPの東京都世田谷区の皮膚科クリニック様の業務用エアコンクリーニングの現場紹介

FXYFPという機種名はあまり聞きませんがたぶん、集中管理がついているタイプなのではないかと思います。

リモコンの配線が非常に多いタイプです。
リモコンは配線を外すと非常にめんどくさいので、丸ごととる方法で作業します。

画像の説明

こちらが外観です。ふつうのFHYCPの機種と同じです。
画像の説明

取り外したドレンパンです。
画像の説明

ドレンパン、洗浄後
画像の説明

こちらは洗浄の比較です。
画像の説明

洗浄終了。きれいになりました。
画像の説明

汚水です。最後は透明の水がでています。
画像の説明

こちらの現場様は、鍵お預かりのため、作業写真を撮る必要がありましたので、写真が多くあります。その分少し時間がかかってしまいました。

2年に一度くらいご注文いただく現場様ですが、皮膚科クリニック様で受け付けの方は少し気になるにおいがありました。

幹線道路沿いという事もあり、かなり汚れておりました。

薬品はプラニソールMを希釈3倍くらいで洗浄いたしました。

現在弊社はプラニソールMの販売代理店となりましたので、大量のプラニソールMの使用が可能となったわけです。

ぜひとも、この素晴らしい洗剤を使用した業務用エアコンクリーニングをお試しください。化学成分の洗剤を使用した場合、必ずリンス作業をして、汚水は中和させなければなりません。この両方をきちんとやっている業者はおそらく、ほとんどいないと思います。(両方きちんとやっている業者様には大変しつれいいたします。)

しかし、化学薬品の洗剤が100売れて、リンス剤は1~2 中和剤はほぼゼロというのが、現状です。

捨てる汚水にお金をかける業者はほとんどいないと言って過言ではありません。

プラニソールMで洗浄した汚水はすべて自然に分解され全く環境を破壊しません。

プラニソールM

プラニソールMの直販サイトはこちらから!

業務用エアコンクリーニングはぜひ、プラニソールMを使用したアスターへお任せください!

コメント


認証コード6117

コメントは管理者の承認後に表示されます。